トップページに戻る

導入事例

掲載日: 2012年02月28日

フォトスタジオK

会社名 フォトスタジオK(館主 高橋金治さん)
所在地 〒 350-0272埼玉県坂戸市末広町4-10
E-mail info@photostudio-k.jp
URL http://www.photostudio-k.jp/index.html
事業内容 フォトスタジオの経営
「心のこもった写真作りをモットーに」店主の高橋金治さん

22年第四回写真館賞・第一部最高賞

写真家を志していた1974年頃、多摩川で堤防が決壊するほどの水害があり、その後に被災者の方達がテレビに出演しているのを見ました。

その方達は家財道具が流されて落胆していましたが、下流から家族のアルバムや写真館で撮影された記念写真が発見された時、「家財道具はあとから購入できるが、大切な思い出の写真はお金では手に入れられない。」とおっしゃっていました。

文協全国展・特選

私はその言葉に感銘を受け『晴れの日の家族の絆』を一生の仕事にと心に刻みました。初心を忘れずに励んでおります。今、写真業界はネガからデジタルへと変貌しています。よりよい写真をお客様へ届ける為に研鑽の日々です。昨年の3.11東日本大震災では思い出の写真の大切さがより一層見直されたと思います。思い出はかけがえのない絆です。被災された方々が写真を見つけた時の顔は一生忘れることのない出来事でした。そんなお手伝いのできる写真館を開業して良かったと、改めて感じました。このような職業に就いたことを誇りに思い、大切な「家族の絆」「思い出」を残すお手伝いができて幸せです。「一生残す写真」喜ばれる写真を作る努力を怠らないように切磋琢磨しております。

ピクトリコのインクジェットペーパーとの出会い

ピクトリコさんが販売している三菱製紙のGEKKOシリーズとの出会いは4~5年前営業マンの突然訪問があり「ピクトリコ・・・?何処の・・・?」そんな感じでした。

当時の多くのインクジェットペーパーは、アンダーとハイライトの境に違和感を感じていました。ペーパーの面質は良いがラミネートをかけないと使用できませんでした。営業マンの説明を受け見本を拝見し、特にバライタ調のペーパーの面質も気に入りました。が、まだ発売前とのことでした。その後、耐光や熱湯をかけたり、耐水スプレーをかけたり自分なりにテストをしました。GEKKOブルー・ラベルの微光沢面が気に入り、モノクロを推奨されていましたが、カラーでテストした結果満足した仕上りでした。

EPSONさんからも耐水性のある新顔料が発売され使用にふみきりました。
今では、ラミネートをせずペーパーの面質が活かせてお客様にご提供できます。

今回導入して頂いた商品

GEKKOブルー・ラベル

導入した理由

  • ラミネートをかけなくて耐久性がある。
  • 微粒面の面質が気に入った。

その他にピクトリコプロ・フォトペーパーを使用しています。また、額装の際にはGEKKOレッド・ラベルやGEKKOブラック・ラベルも使い分けています。

自家処理は大変だけど、ピクトリコの用紙を使って「綺麗!」と喜ばれています。

自家処理で写真が出来るので仕上がりまでの時間短縮で早く納品でき、お客様に喜ばれています。自家処理では、色調濃度コントラストが自分の思いのままになり、繊細に色調を調整することが出来て満足していますが、一方では作業が非常に大変でもあります。しかし、お客様からは「綺麗な写真ですね!」と喜ばれています。

GEKKOレッド・ラベルでプリントした作品が写真コンテストで金賞/知事賞受賞!

23年度埼玉県知事賞

この度、埼玉県写真館協会コンテストで金賞/知事賞を受賞しました。

この作品は古希のお祝いに撮影されたされたお客様で「お父さんはヘビースモーカーだから喫煙の姿を撮影したら?」と娘さんに言われたそうです。色々なシチュエーションで撮影し、表情が非常に素敵だったのでライティングやポージングを気遣い、ベストの表情を引き出すために努力しました。タバコの煙はうちわを使って煙の流れにも注意しながら撮影しました。

プリントは最初にGEKKOブルー・ラベルでプリントしましたがイメージに合わず、ブラック・ラベルに変えて再度プリントしました。「よし、これでいこう!」と思いましたがGEKKOレッド・ラベルでもプリントしてみることに・・・「最高!!」

色調の深さや色のつながり、紙の質感、どれもがこの写真のイメージにピッタリでした。/お陰様で知事賞を受賞できました。改めてペーパー選びの大切さを痛感しました。お客様のお写真は「一生の宝物」と思って撮影しています。自分の持てる能力で撮影したいと考えています。良い写真の証としてコンテストに応募しています。自分の技術は日々変化していきます、毎年コンテストに挑戦することにより、日々研鑽したいと思っています。自分の気に入った写真をお客様にも気に入っていただきたい、そして喜んでいただけると営業写真を職業にしてこの上ない喜びです。

今後のピクトリコにどのようなことを期待すること

19年関七・金賞

バライタ調の面質のGEKKOグリーン・ラベルが販売終了となりました。常に使用する用紙ではありませんが、バライタ調の滑面が大好きなので復活すると嬉しいです。

特にモノクロで仕上がると階調の深さに感銘を受けています。

最近GEKKOレッド・ラベルを使用しましたが、光沢感・画材用紙の面質が好きで今後は多用したいと考えていますが、価格がネックになります。

インクジェットプリントが一般化されて十数年余りです。科学的テストが繰り返し行なわれていると思います。テスト結果と現実の保存状態では違う環境もあるかと思います。環境ガスによる表面の変化・ペーパーとインクの剥離も考えられます。お客様の保存方法は千差万別です。一層の努力を期待しております。

 

館主の高橋金治さんプロフィール

 

<受賞暦>

日本広告写真家協会展 APA国際写真展奨励賞受賞
(協)日本写真館協会 第3回日本写真館賞・入選6席
第4回日本写真大賞・第1部優秀賞1席・第3部入選7席
(社)日本写真文化協会 全国展・特選・入選多数
ハイテクニカルコンテスト銅賞
富士フィルム 営業写真コンテスト優秀賞・テーマ賞多数
関西写真家連合会 月舟賞(金賞)2回・銅賞多数
関東写真館協会 金賞(数回)・銀賞(数回)・銅賞(数回)・入賞多数
埼玉県写真館協会 知事賞・金賞・銀賞・銅賞

<個展>

◆新宿ニコンサロン「小江戸-川越-」>>>アンコール展  大阪ニコンサロン「小江戸-川越-」
◆銀座ニコンサロン「本山・閉山後の足尾」>>> アンコール展 大阪サンストアー「本山・閉山後の足尾」
◆新宿ニコンサロン「郡上おどり」

 <写真集>

1977年 写真集自費出版「-小江戸-川越」

 

導入事例一覧ページへ戻る

▲ このページのトップに戻る