City

City

2月も下旬になると、時折ですが急に気温が上がり暖かい日が訪れます。
特に週末にその日が来ると、いち早くセントラルパークに、
薄着で太陽の陽を浴びるため、春を待ちこがれた多くの若者達で賑わいます。

しかし今のマンハッタンはそれだけにはとどまらず、
ミッドタウンのブロードウェイは車が使うスペースが縮小され、
その分、車道に椅子やテーブルが置かれ、小規模なパークスペースが生まれています。
また、そこにアートが加えられることで、美術館の中庭の雰囲気を持つスペースとなり、
週日のランチタイム、屋外でランチをとる人達に喜ばれています。
鉄筋コンクリートとガラスで出来たビル街で働く人々にとって、
アートのオブジェがある空間は、少しの時間でも心を和らげてくれるのでしょう。

僕もタウンハウスにスタジオがあったので、
その階段でよくランチをしたり、夕刻にビールを飲んだ事を思い出します。
特に冬の屋外の空間は、気持が安らぎます。

都会が仕事をするための空間だけでなく、そこで働く人達はもちろんですが、
そこに住む人達にとって、生活を楽しむ空間で在って欲しいです。
アートも美術館から出て、
もっともっと、人の身近な時空に出現する事を願って・・・

Tuesday 28.02.2017