Bird's Nest

Bird's Nest

三月も下旬に入り、頑固な根雪も解け始め久しぶりに川に入りました。

実は、昨年の暮れに豪雪があり、その後、急に気温が上がり豪雨に変わり、
雪解けと雨水が同時に川に流れ込み、
キャッツキル全域が記録的な大洪水に見舞われました。
こんな大きな川の氾濫は、初めての体験です。
根雪を言い訳に、この三ヶ月間恐ろしく実際の被害の状況を、
見届ける勇気がなかったのが正直な心です。

川にたどり着くまで、余りにも酷い爪痕に目を背いていました。
やっと、この小枝の先に「鳥の巣」を見つけ、無事に生き残った...と、思うと同時に、
これは、流れた「草木のゴミ」が枝に引っかかっているものだと気づきました。
ここは、昨年七月にこのブログに掲載したクラフトビールのパッケージを紹介した場所です。 
余りの変貌と川の威力に、ただ、茫然と見つめるしか無かったです。
いつ清流が戻ってくるかと思うと...

普段はこの写真の水量ですが、洪水時にはこの小枝の「草木のゴミ」の位置まで、
また、向こう岸の「流木の山」の高さまで水量が達した証しです。
川幅がどれほど広がったのか? 想像しただけでも恐ろしいです。
自然の美しさ、多くの恵みは、心に染みていますが、
今回ほど、自然の持つ破壊力の恐ろしさを思い知らされた事は無いです。

4月1日は、待ちこがれた鱒の解禁日です。素直に竿を握る気分にはなれません。
ただ、鱒が元気でいてくれる事を祈ります。

Thursday 25.03.2021