インデックスページへ戻る

プレスリリース

pictorico
2020年11月18日

PICTORICO SHOP&GALLERY Omotesando
相原正明 写真展「Katachi -in & Out-」

ピクトリコショップ&ギャラリー表参道では、2021年1月13日(水)から1月24日(日)まで、相原正明 写真展「Katachi -in & Out-」を開催いたします。皆様のご来場を心よりお待ちしております。


 

相原正明 写真展 「Katachi -In & Out-」

 このたび新春2021年1月 あらたな流れとなる作品による個展を開催させていただきます。タイトルはKatachi -In & Out- 全モノクロ作品でオーストラリアと日本での撮影した作品で構成いたします。基本的には標準レンズを中心としたモノクロ作品で縦位置を基本としています。いわば原点回帰の作品群です。

 オーストラリアの作品群は大自然の中で見出した、自然が生み出した造形美のフォルムにフォーカスして制作しました。かの地では雄大なランドスケープに目を奪われがちですが、そのダイナミックな景観を構成している、基本的なモチーフに視点を合わせました。日本での作品群はコロナ禍となりStay Home期間中から、室内のスタジオで撮影した日常に存在するものの、造形美のフォルム。野菜や果物 花など、ごくごくありふれた日常の物。

 今回はこの2つの作品群の対比です。オーストラリアと日本 大自然の中とスタジオの中、自然光と人工光 悠久の時間と限られた時間。ナチュラルな状態と危機感のある状態。この多比する2つ世界において、取り巻く環境は変わっても、自分の世界観はいつも不変。それを表現したかった。そして対比する2つの世界(In &Out)を行き来しながらアフターコロナに向かい作品を撮ることは、ある意味常に新鮮な刺激で写真が撮れる。

 オーストラリアの大自然の中で撮った視点と気持ちで日本を撮る 日本で培われた視点と世界観でオーストラリアを撮る。異なる2つの世界を出たり入ったりしながら作品を作り続けるIn &Outを繰り返すことで、常に新しい刺激と世界観が開けていく。そんなコンセプトで臨む写真展です。そしてコロナ禍 常に撮ること 常に作品を発表することが、自分と社会と、そして世界を元気にすることだと考えました。

 新年、みんなの心を元気にしたくて、新春1月13日より全集中の作品展をピクトリコショップ&ギャラリー表参道で開催したいと思います。プリントの形態も新しい試みをしようと思います。そんな相原正明のあたらしい作品、katachiを新春ご覧ください。


 

 相原正明

  1988年のバイクでのオーストラリア縦断撮影ツーリング以来かの地でランドスケープフォトの虜になり、以後オーストラリアを中心に「地球のポートレイト」をコンセプトに撮影。2004年オーストラリア最大の写真ギャラリー・ウィルダネスギャラリーで日本人として初の個展開催。以後写真展はアメリカ、韓国、そしてドイツ・フォトキナでは富士フイルムメインステージで個展を開催。また2008年には世界のトップ写真家17人を集めたアドビアドベンチャー・タスマニアに日本・オーストラリア代表として参加。現在写真家であるとともにフレンドオブタスマニア(タスマニア州観光親善大使)の称号を持つ。パブリックコレクションとして、オーストラリア大使館東京&ソウル、デンマーク王室に作品収蔵されている。また2014年からは三代目桂花團治師匠の襲名を中心に落語の世界の撮影を始める。撮影テーマは多岐にわたり古典芸能 鉄道 建築 風景などあらゆるジャンルを網羅する。


 パブリック コレクション

 オーストラリア大使館 東京

 オーストラリア大使館 ソウル

 オーストラリア The Wilderness Gallery

 デンマーク王室

 

主な写真展

 1995年11月 東京 三田 オーストラリア大使館  

  “The Light from Downunder”                    

 

2000年5月 富士フイルムフォトサロン 東京

 「地球日和」                              

 

2000年8~10月 高島屋百貨店 日本橋 横浜 京都 大阪 岡山

 「地球日和」

 

2004年10月~2005年12月

 The Wilderness Gallery Tasmania Australia

 Talking To Spirit of The Land                         

 

 2006年9月

 Kolen  Germany  FUJIFILM  Photokina

 Photo is  

 

 2010年7月                                                   

 韓国 ソウル ロッテデパート

 Double Portrait 

 

2013年7~9月                                 

 横浜 パシフィコ横浜                                             

 少女マンモス・ユカ展 パシフィコ横浜 読売新聞主催 

 

2015年11月~2016年1月

 富山県 高岡市立 ミュゼふくおか写真美術館  

 Double Portrait     

 

2016年3月

 大阪 池田市 いけだ市民文化振興財団

 三代目桂花團治 襲名記念写真展   

 

2019年6月 

 東京 銀座 LUMIX GINZA  オープニング写真展

 Eartrait                   

 

写真集 「ちいさないのち」小学館刊 「誰も言わなかったランドスケープフォトの極意」「夜鉄」玄光社刊 「しずくの国」エシェルアン 刊

 「Earthrait」アイ・イメージング・フラッグ刊

  

撮影協力 

タスマニア州政府観光局 カンタス航空 

カールツァイス株式会社  株式会社シグマ 

株式会社ニコン 株式会社ニコンイメージングジャパン  

パナソニック株式会社

富士フイルム株式会社 (敬称略)


期間:2021年1月13日(水)~ 1月24日(日)

休廊:月曜日・火曜日

時間:11:00〜19:00(日曜日のみ17:00まで)

場所:ピクトリコ ショップ&ギャラリー表参道

住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-14-5 Cabina表参道1F

TEL:03-6447-5440

URL:http://www.pictorico.jp/shop/

▲ このページのトップに戻る